近眼の種類

近眼の種類についてご紹介します。

・屈折性近視
角膜および水晶体の曲率が強くて焦点が短過ぎ、網膜より前方に焦点を結んでしまうものです。

・軸性近視
眼球が通常より前後に長いため、水晶体と網膜との距離が長過ぎ、網膜よりも前方に像を結んでしまうものです。
遺伝性の近視は大半が軸性に分類され、矯正を必要とします。
眼球が通常より引き伸ばされているため、網膜が薄くなっており、網膜剥離を起こしやすいのです。

・偽近視
眼の疲労により一時的に近視のような状態になることを言います。
仮性近視、調節緊張性近視とも呼ばれます。
近視に含めない考えで単に調節緊張と呼ぶ者もいます。
テレビやパソコンで目を酷使した後は強くなり、目を休めたり遠くを見ると弱くなります。
点眼薬を使って調節を麻痺させないかぎり完全に無くなることはありません。
視力に問題が無い者を含めて万人が持っているものです。
一見妙な話ですが、遠視の者は近視の者より強い偽近視を持っていることが多いのです。
つまり、その時々による遠視度数の変化が近視の者の近視度数の変化より大きい場合が多いのです。
遠視の者は遠くを見るのにも調節力を働かせねばならず、正視や近視の者より眼に対する負担が大きいためと思われる。
名前の通り「偽」の近視であり、上記の本物の近視とは別物です。
偽近視を放置したからといって本物の近視に移行することはないし、逆に目を休ませても治るのは偽近視だけであり、本物の近視が治ることはありません。

Posted in 未分類

コメントは停止中です。