近眼の原因と対策

現代人は何故近眼になってしまうのでしょうか?

わかりやすく説明すると、そもそも近眼とは近くの物を見過ぎることでピントの調整が固定され、遠くを見るときのピントが合わなくなってしまうことが原因です。
逆に近視の人は近くを見ても疲れにくくなっているので、パソコン仕事等をしても視力の良い人に比べると疲労を感じにくいとも言われています。

さて、近眼の原因は諸説ありますが、2つに大きく分けると遺伝説と環境説があります。
遺伝の場合は若干致し方ないとも思いますが、因子があってもなくても、やはり環境によって大きく左右されます。
これは、生活の中で遠くのもの見ないといけないアフリカの人たちなどの視力が総じて良いことからも窺い知れます。

つまり、近眼対策はしておいて損はないということです。

では肝心の近眼対策ですが、当然ですが環境自体を変化させるのはかなり難しいで、まずは近くの物を長時間見ているな、と感じたら、少しの間遠くの景色を見てまた作業に戻る、など、目の休憩をはさみましょう。

それでも足りないという方は自宅でできる近眼予防ソフトを利用しましょう。

コメントは停止中です。